からだ美調律®で子供の内股も改善

からだ美調律インストラクターのRincoです。
まだこのスタジオにお世話になるずっとずっと前の事。
子供クラスを持って手探りで教えていた頃の事です。
何故か子供の中には足を閉じて踊れない子供達が居ました。
フラは足をあんまり開いて踊りませんだけど何度言っても足幅が広がってしまう子供達がいました
癖なんだろう位に思っていた私は何度も足を閉じる様に注意してました。
それから数年後
からだ美調律®を学び、骨盤、股関節を学ぶと自然とあの頃私が注意していた子供達は内股だったんだと知りました。
そしてそれはもちろん強制して無理矢理直すものではないと言う事も。
何も知らなかった頃は内股と言う事にすら気が付いてあげれませんでした。
成長過程の大切な体だからこそ適当な事は出来ないのに。
今となっては悔やまれます。

今、Lithe  Life  Studioの子供達はその事を念頭に入れ、主催のHako先生とレッスン前には何をやらせれば良いのか、何が効果的か相談しながら子供クラスを行っています。
バレエの子供も教えていらっしゃるので、それも参考にさせてもらっています。
なので、当たり前ですが大人と子供では違う事を行っています。
私の子供クラスにも何人か内股の子供がいました。
それは、膝が延びないくらいに。
なので、踊っている足幅がとても大きかったのですけど
最近ではその子達も周りと変わらない位の足幅になっています。
大切なのはうまく踊ることではありません、無理なく踊る為に必要な体を作ってあげる事なんだとしみじみ思いました????
そして、そこから楽に楽しく踊る事。
フラは自然に踊る事が一番大切です、からだ美調律®と全く信念が同じなんだと改めて感じました。

—–